おすすめの転職サイトはコチラの記事で紹介しています

保育士を挫折しそうになったら?転職することで好転することもあり!

保育士を挫折しそうになったら?転職することで好転することもあり!

保育士の仕事が辛くて、もう心が折れて挫折しそうなあなた。

保育士の仕事って心も体もすり減らす大変な仕事ですもんね。

でも他の保育園に転職して環境を変えてみると驚くほど仕事が楽しくなる場合があるんですよ!!

保育園はたくさんあります。

もしかして今あなたの働いている保育園があなたに合っていないだけなのかもしれません。

まずはじっくり今の自分の状況に向き合ってみましょう。

実は挫折する人が多い保育士という仕事。

その挫折する理由はこの4つが多いんです。

  • 仕事量が多すぎる
  • 休みが少ない
  • 人間関係が大変
  • 給料が安い

仕事が大変で休みも少なくて人間関係も大変なのに給料が安い!!

これでは挫折してしまうのも納得です。

実は私も保育士2年目に挫折しました。

心がぽきっと折れてしまった時にはこの3つのことをしてみてください。

  1. まず自分自身を見つめなおす
  2. それでも保育士を続けたいか考える
  3. 転職・退職をする

まずは自分が保育士という仕事がまだ好きか、続けていきたいか考えてみてくださいね。

それから今後の進路について考えましょう。

まだ保育士を続ける場合は、転職して他の保育園で働くことをおすすめします。

今の保育園にいるとまた同じことの繰り返しになってしまうかもしれません。

何度も言いますが、挫折するほどですから今あなたが働いている保育園はあなたに合っていないのだと思います。

私が保育士に挫折したときも、別の保育園に転職したことで毎日が驚くほど楽しくなったんです。

待遇、保育方針、人間関係、仕事の仕方、全てにおいて以前の保育園は自分には合っていなかったことを実感しています。

もう保育士なんて嫌だ、と思っているあなたも一度立ち止まってこれからのことを考えてみませんか?

保育士が挫折する理由

保育士って子どもと遊んでいるだけ、と思われがちですが実はとっても大変な仕事ですよね。

新人として希望をもって就職したけれど、厳しい現実に数年で挫折してしまう人も多い職業なんです。

保育士が挫折する理由として多くあげられるのはこちらです。

  • 仕事量が多すぎる
  • 休みが少ない
  • 人間関係が大変
  • 給料が安い

あなたも当てはまるものがあるのではないでしょうか?

仕事量が多すぎる

1年目はまだ任される仕事は少ないですし、行事などの係も先輩が引っ張っていってくれます。

それが2年目、3年目となると段々と任される仕事が増えてきます。

自分がリーダーとなって行わなければならないことも増えてくるでしょう。

そうなると本当に大変です。

クラスでの保育以外にも、保育の準備や保護者対応、事務仕事に行事など山のように仕事が積み上げられていきます。

残業は当たり前。(しかも残業代がつかないことがほとんど!!)

持ち帰った仕事に休みの日も追われてしまうこともしばしばです。

私自身もよく通勤の電車内で作り物をしていたのを覚えています。

それくらいしないと仕事が回らないんですよね。

休みが少ない

保育士はシフト制勤務なので有給がとりずらい仕事です。

自分が休むと他の人に負担がダイレクトにいってしまうので休みづらいんですよね。

土曜日勤務がある保育園がほとんどで、人手が足りないとその振替の休みも取れなかったりします。

また、仕事量が多いために休日も仕事をしていたりすると本当に一週間まるまる毎日仕事をしたような感じに。

心も体も疲れてしまいますよね…。

人間関係が大変

まだまだ女性社会の保育園。

特有のどろどろとした人間関係に巻き込まれてしまうこともしばしば。

私の同僚や後輩もクラスの先輩にいじめられたり、園長になぜかきつく当たられたりほとんどの人が人間関係で辛い思いをしています。

私自身も理由もわからずクラスのリーダーに無視をされ続けた経験があります。

特に複数担任だったりすると、チームで保育をしていくので人間関係が悪いと本当に毎日が地獄のようになります。

そんな人間関係に疲れ切ってしまう人も多いです。

給料が安い

仕事が多くて、休みが少なくて、人間関係も大変!

それなのに給料が安い!!?

それは挫折するに決まっています。

自治体によっては特別手当がついたりもしますが、それでも実情にお給料が見合っていない、という声が圧倒的に多いんです。

保育士が挫折したときの対処方法

保育士の仕事に挫折しちゃった…。

そんな時にするべき対処方法はこちら!

  1. まず自分自身を見つめなおす
  2. それでも保育士を続けたいか考える
  3. 転職・退職をする

順番に解説していきますね。

まず自分自身を見つめなおす

あなたが挫折した理由はなんですか?

まずそれをじっくりと考えてみましょう。

毎日忙しさに紛れてただ「辛い!!」に集約されていたものを紐解いてみます。

箇条書きにして紙に書き出してみるのもおすすめです。

何が辛いのか、何ができないのか、逆にどんなことをしているときは楽しいか…。

その理由に対してあなたはきちんと努力をして向き合ってみましたか?

違うやり方でアプローチすることはできそうですか?

ちょっと考える角度を変えるだけで感じ方が180度変わる場合もあります。

また、向き、不向きもあります。

これを機に自分自身を見つめなおしてみましょう。

保育園の人間関係に悩んでいるあなたはこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

→【保育士が複数担任をストレスに感じる理由と解決策を教えます!

 

それでも保育士を続けたいか考える

どうですか?

自分が保育士を挫折した理由ははっきりしましたか?

そのあとに続けて出すべき結論は「保育士を続けるかどうか」です。

それによって次に進むべき道が変わってきますので、しっかりと考えていきましょう。

保育士の退職のタイミングは年度末がベストですので、来年度の体制は年末までには決める保育園がほとんどです。

その期日までに保育士を続けたいか結論を出すようにしたほうがいいですね。

そのあとに退職を決めると保育園に迷惑が掛かりますし、だからといって挫折した折れた心のままもう一年仕事を続けるのはなかなか辛いものがあります!

転職・退職をする

保育士をやめようと決めたあなたは退職という道を選ぶことになります。

また、「やっぱり保育士の仕事は続けたい!」と考えたあなたは他の保育園に転職することをおすすめします。

なぜなら別の保育園に転職して環境が変わると、保育士という仕事が魅力的に感じる可能性がとても高いからです。

私の経験では、保育園ってその園によって待遇から保育方針、雰囲気、仕事の進め方にいたるまで全然違ったりします。

保育士の転職や退職に関してはこちらの記事にもまとめていますのでご覧ください!

→【保育士を辞めて良かったと思う人たちの転職先は?

 

私はこうやって挫折を乗り越えた!

私自身保育士になって2年目、あまりの大変さに挫折したことがあります。

その時は運良く自分に合った保育園に転職できたことで乗り越えることができました。

当時働いていた保育園は事務仕事や保育準備だけでも大変!

それなのにその時に受け持っていたクラスがなかなか大変だったんです。

かみつきやひっかきは日常茶飯事。

さらには2歳児クラスなのにすでにいじめのようなことまで起こっていました。

頑張っても頑張っても改善されない日々に心が完全に折れていました。

そんな時、学生時代に一度落ちた保育園の試験をダメもとで受けたところ見事合格できたんです!!

そしてその保育園へ転職。

世界がガラッと変わりました。

とても歴史ある保育園で保育の技術のある先生が多く、子どもたちもとても安定して過ごしていました。

そんな先生たちにたくさんのことを学ばせてもらい、一気に保育が楽しくなったんです!

先輩たちは事務仕事も効率の良いやり方を心得ていて、それを見習うことで事務仕事に費やす時間もだいぶ減りました。

行事の係で全園児に渡すプレゼントを作る担当になったときも、先輩に「持ち帰って作ったりしなくていいからね。みんなで分担してやるから!」と言われて本当に感動しましたよ。

今までは持ち帰ってお休みの日にやるのが当たり前だったんです。

保育園ってたくさんあります。

今いる保育園で挫折しているならば、ぜひ他の保育園でも働いてみてほしいです。

まとめ

肉体的にも精神的にも大変な保育士の仕事。

そんな保育士が挫折してしまう代表的な理由はこちらでした。

  • 仕事量が多すぎる
  • 休みが少ない
  • 人間関係が大変
  • 給料が安い

心が折れてしまった時はこんなふうに対応してみてくださいね。

  1. まず自分自身を見つめなおす
  2. それでも保育士を続けたいか考える
  3. 転職・退職をする

保育園によって待遇や保育方針、人間関係、仕事のやり方などが大きく違います。

もしまだ保育士として働いてみたいな、と感じているあなたはぜひ他の保育園に転職してみましょう。

今までと全く違った世界が待っているかもしれません。

大変なこともあるけれど、嬉しくて楽しいこともたくさんある保育士の仕事。

自分に合った保育園を見つけてもう一度輝いてみませんか?

そんなあなたを私も同じ保育士として応援しています!